Volunteer in the UK

イギリスでボランティアをしてみませんか?



WANTED!

Volcare-Canterbury & Thanet  http://www.e-canterbury.co.uk/

募集要項

  • 募集期間: 2015年2月から1年間
  • ボランティア内容: レスパイトケア(老人や身体障害者のための住宅ケア、看護人が息抜きや自由な時間を持てるように、一時的に面倒をみること)
  • 資格: 資格は問いません。最も重要な事はコミュニケーションが得意、人が好きな性格の持ち主である方ということ。英語レベルは中級。研修がありますので未経験者の方でも安心。
  • 住居: 無料で用意されています。他国のボランティアの人とシェアをします。
  • 生活費: 保障されています。

応募からの流れ

  1. 面接―Kate Gollopと電話で面接。
  2. ボランティアのビザ” a Tier 5 Charity worker visa” を取得。
  3. イギリスへ出発(航空券はご自身で負担)
  4. 研修
  5. ボランティア活動スタート

体験談

<活動してみての感想>

活動の内容としては、要介護者の家へ一日につき一軒(6~8時間)または数日間泊まり込みをして、介護者の代わりをします。
ほとんどが家事援助中心で要介護者の方とゲームをしたり話をしたり映画を見たり散歩や買い物に出たりと余暇を共に過ごします。たまに下の世話もありますが稀です。
それぞれのご家庭・ご家族には当たり前ですがそれぞれの風習や文化があります。話し方のアクセントや使う単語もそれぞれ特徴があります。
このボランティアでは一人のボランティアに平均15軒程の訪問先が与えられますので、その件数分(15軒なら15通り)の文化に触れられます。
わざわざお金を払ってホームステイしなくても色々なご家族に会えることは正直、とてもお得だと思います。私はとても楽しんでいます。

ボランティアは生活が保障されているので、普通に暮らす分には経済的にも困りません。

カンタベリーでは4名・ドーヴァーでは2名のボランティアがボランティアハウスで共同生活をします。(個室です)
マネージャーは私達にいつも英語を使って欲しいと考えている方なので、それぞれのハウスでは同じ国籍の人、または同じ母国語の人(英語圏除く)が同居する事は ほぼありません。
私はカンタベリー在住ですが1年目は英国人(途中交代でドイツ人)、ギリシア人、コロンビア人 ドーヴァーは英国人とドイツ人
2年目はアメリカ人、メキシコ人、台湾人 ドーヴァーはフランス人(現在1名)です。
シェアハウスでもボランティア先でも英語環境なので理想的ですよね。

私は日本でも介護関係の仕事をしていましたが、大多数のボランティアが未経験者である上に国籍が豊富なためVolcareでは必ずトレーニングが義務付けられています。
マネージャーは気分によってカーっとなり、ボランティアを困惑させることも有りますが、基本的にとても優しく、ボランティアの事を母親のように助けてくれます。
研修・サポート体制がしっかりしているので安心ですよ。

私はこのプログラムで色々な人と出会い、英語力も人間としても成長できたと自負しています。
介護に興味があり、英語力を向上させたい方には是非このプログラムはお勧めです。

西紘子

このお仕事に関するお問い合わせ

お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角) ※必須
お問い合わせ内容

 

お問い合わせ/ご応募は

The English Village 担当:ピアソン美奈
E-mail: englishvillage@msg.biglobe.ne.jp
Tel: 03-3624-3300

Copyright ©2018 The English Village