7月 25, 2008
Mina Pearson
Today’s breaks. はコメントを受け付けていません

Today’s breaks.

Whenever I had a break today, I saw the same sight.

Niall Turner was talking to Spiky. Well he was observing him! After seeing the same thing several times,

I said ” Niall, why are you so interested in Spiky today?”

Niall said ” He’s opening his beak slightly. He seems to feel too hot, I think.”

I said ” Yes, he does, but that Spiky face is too comical which makes me laugh!!!!!!!”

7月 24, 2008
Mina Pearson
What a surprise! はコメントを受け付けていません

What a surprise!

たった今、大事故が起こりそうでした(汗)

今日最後のレッスンは、中学生の男の子(かなり、背が高く、well-built、baseketball player!)

階段をふたりで降りている最中での出来事です。私が前、彼が後ろでした。

その時!

私、“ハックション!”

そして、階段を踏み外しそうになり、バランスを崩して、“Oh, nooooooooo!!!!!”

その時、男の子が私を引っ張ってくれて、セーフ!!!!!

男の子:“先生!小さいんだから、気を付けて下さい!”

私:“Yes, I’m sorry!”

いやー、ほんと、危なかったです(驚)

7月 24, 2008
Mina Pearson
Super Kaijin Kids’ class student! はコメントを受け付けていません

Super Kaijin Kids’ class student!

Look at the pictures! Can you see what he’s doing?!

7月 22, 2008

Shuge Harrison Korneev& Mina TurnerからのBand紹介!

今回のライブでは、バンドメンバー全員変身します!ビジュアル的にも楽しませます!

ここで、メンバー紹介!

キーボード:Jean Anderson。(国籍:アメリカ)彼は、ヤング時代、マイアミのダンスフロアでぶいぶいいわせてた元イケイケダンサー。あの時の栄光をたまに懐かしく思う彼の衣装をCheck it out!でも、現在は、ピアノの調律師。

キーボード:Misa Elena Djorditch。(国籍:亡命後アメリカ)彼女は、旧ユーゴスラビアからCIAに亡命し、数々の戦場で暗躍した。怒らしたら、誰にも止められない気性の彼女の衣装をCheck it out!でも、現在はアロマセラピスト。

ギター:イマワノ弘郎(ひろしろう)(国籍:日本)。彼は長い間、ロンドンでギターの修行を経て数々のバンドを渡り歩き、そんな自分に嫌気が差し帰国。彼の当時の音楽スタイルが漂っている、衣装をCheck it out!そして、現在は漁師だが原油高騰で漁に出れずほとほと困り果てている。

ベース:Shuge Harrison Korneev(国籍:ウズベキスタン)。幼少よりイギリスに渡るがドラッグに溺れ、どん底の生活を送っていた。数々のドラッグの知識を生かし現在は薬剤師。そんな彼のダーティー人生が想像できる衣装をCheck it out!今は、立ち直り、さわやかに働いている。

最後に私。Mina Turner。(国籍:イギリス)私の兄は皆さんご存知のNiall Turner。アメリカでブラックミュージック、ゴスペルを学んだ。でも、ミュージックはブラックミュージックだけではないと思い、いろんな国で、勉強している最中、ビーチバレーの虜になってしまい、音楽をあきらめ、いつでもビーチバレーができるハワイに永住すること決意。そして、今現在は、ハワイのClothes shopのカリスマ店員。そんな、ブラックミュージックを勉強し、ビーチバレー三昧のカリスマ店員の私、Mina Turnerの衣装をCheck it out!

こんな興味深い新イングリッシュヴィレッヂバンドメンバーのサマーライブ、8月2日19:00~と8月3日18:00~から!Don’t miss it!!! 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

Tel:03-3624-3300

 

 

 

7月 19, 2008
The Band はコメントを受け付けていません

The Band

So I’m stubborn, am I? And crabby on Saturday mornings, especially when it’s hot? Yes, I’m afraid it’s true. Very true! Embarrassing, but there you go…

Misato? She’s a superb musician. I remember giving her, quite a few years ago, the piccolo trumpet part from Penny Lane. It’s fast, the timing is tricky, and it doesn’t really lend itself to keyboard playing – too many repetitions of the same note in quick succession requiring very speedy and awkward finger changes. Next rehearsal, Misato rattled the thing off as if it were a mere walk in the park. More recently, I gave her the (guitar) band score of a piece we’re playing in our upcoming gig. (It’s a secret!) Again, it doesn’t naturally lend itself to keyboard playing, and the timing is (to me) ferociously difficult. Blow me if she didn’t sight-read it almost perfectly there and then! Boy!

What about Shuhei? He’s really my kind of guy. Unconventional, creative, yet with a generosity of spirit and kindness of heart that are truly touching. He’s considerate to the nth degree and you feel that, if you ever had a problem, he’d bend over backwards to help you and never let you down. He’s also a bit of a Renaissance man on the quiet. He’s a hell of a clothes designer, a smart businessman, and a natural musician. I’m told that he’s also a nifty footballer, although, unfortunately for me, I’ve never had the chance to see him in action. Oh, and I recently discovered (totally unexpectedly) that he’s a qualified Japanese chef. This, I have to admit, was a bit of an embarrassment, as I’ve cooked for him (and the rest of the band) a couple of times, and I can only be described as one of those “throw things in and see what happends” kinds of cook.

Mina sings from the heart. She really has a natural ear for the possibilities of the human voice. (Warning! She’s a pretty incisive mimic. No wonder she’s had a lifelong love-affair with birds!) During the interval of one of our gigs, a member of the audience once asked me something like: ‘How often does Mina have lessons?’ I didn’t quite get what he meant, so I said: ‘Do you mean “How many English lessons does she teach every week?”‘ ‘No,’ he replied. ‘I mean: “How often does she have singing lessons?”‘. ‘Never,’ I said. ‘But how many lessons has she had in the past?’ he pursued. ‘None, as far as I know,’ I said. ‘I’m pretty sure she’s self-taught.” (Later, I checked. She is.) He couldn’t believe it. Nor can I, come to think of it. Having said that, she practises like mad…

In one respect at least, I consider myself to be a very lucky person. In my (increasingly long!) lifetime, I have been privileged to play with two truly phenomenal guitarists. When I was a teenager, I formed a band with a schoolfriend. He was a great pianist (he’s now a professional musician). I was a bad pianist. Naturally, I therefore stepped down in the keyboard-playing department and billed myself as ‘lead guitarist’. I even bought myself a guitar to prove the point. But we needed a ‘second’ guitarist, so I recruited another non-guitarist to fill the gap. I knew he was a pretty good ‘cellist, so I figured we were the next prog rock sensation. Subsequently, we put on a concert. We were terrible. But I mean, terrible. The (now professionally successful) keyboard player built a monophonic synthesizer out of an old piano keyboard and a box of wires. All very well, but it was sensitive to amplifiers. Use this amplifier and – fine – it was in tune. Use that one and – well, it wasn’t. Unfortunately, when it came to the concert, we used that one. Luckily (luckily?!) the ‘synthesizer’ was only needed for our first piece – written, I regret so say, by myself. It sounded like a demented, tone-deaf cockerel heralding the end of time. At the end of it, we sat looking at each other in a kind of dazed disbelief. ‘Was it really as bad as it seemed?… No! It was worse!’ Anyway, somehow we moved on and stumbled our way to the end of the concert. And then, even more astonishingly, played another one – not quite as bad, but still pretty dire – in some kind of private night club which I’ve more or less forgotten. After that, thankfully, the long school summer holiday intervened. And what an extraordinary holiday it must have been for that ‘cellist of ours, because he emerged at the end of it – this is no exaggeration – as a fully-fledged ‘eat-your-heart-out’ virtuoso guitarist. I don’t exactly remember how things went from there. I think the old band must have played together again once or twice. I may be wrong. What I do remember, however, is realising that our ‘cello-playing Hendrix was wasting his time. I told him he should find a real band. Which he did. And did and did. He’s now a professional jazz-guitarist par excellence…

And then, so many years later, I had the supreme good fortune to meet Hiroshi. Hiroshi is another of those vistuoso, eat-your-heart-out guitarists – only more so. The trouble is, he’s also profoundly modest. Which means, no doubt, he’ll hate me for saying this, but I’m going to say it anyway. Hiroshi is the sort of musician that limited mortals such as myself could only dream of playing with. Of course his technique is second to none, but what really gets me is his ear! That’s the real test of a true musician and I fail it every time. I once played him a blast of one of my favourite guitarists. The piece involved a rather complex and unusual scale and some highly intricate and non-standard finguring. Hiroshi, guitar in hand, sat on a stool and just listened. Once. And then played what he’d heard note-for-note. And I mean perfectly. Flawlessly. Note-for-note. I was lost for words. But you’d never believe it, to talk to him. As I’ve already said, he’s deeply modest. He’s also the calmest, kindest guy you could hope to meet. I would like to emulate him, but I know I could never succeed. He’s the man!

7月 18, 2008
English Village Band はコメントを受け付けていません

English Village Band

Neil: I think Neil has a really fluid/mellow keyboard style. I liked his original song from the last concert a lot-there was a very funky keyboard break! If he’s feeling nervous before playing I can appreciate it completely although I’ve not strongly noticed this, he always seems really absorbed in the music.

Mina: Is very straight forward and energetic I think! She has a very strong singing style, I remember her really belting out some Guns’n’Roses (“Welcome To The Jungle’ I think!) at karaoke one time.

Misato: Seems quieter and very self contained/calm but I know she really loves music (like me!) and has done classical training with her music degree.

Shuhei: Is very laid back/friendly and has a laid back/mellow bass style too I think. I also want his top hat which he has worn for some concerts-I love top hats but left mine in England!

Hiro:  Is laid back/friendly too  and has a great guitar style-‘Stairway to Heaven’ and the rocky numbers sounded really good in the rehearsal I went to. I was very interested in (but largely failed to understand!) the guitar effects pedal he was using at the rehearsal.

Niall

7月 17, 2008
Mikiから見たEnglishVillageBandのメンバー達 はコメントを受け付けていません

Mikiから見たEnglishVillageBandのメンバー達

こんにちは、皆様、Mikiです。

初ブログです。どうしましょう。

上手く書けるか分かりませんが、お付き合い下さいm(–)m

 

 

8月2日、3日のイベントが近いという事で私から見たバンドメンバーの印象を書いてみようと思います。

まずはNeil!

イベントを開催する時は毎度毎度かなりの緊張をします。それは他の誰が見ても分かるくらいに。簡単に見分ける方法は、顔が真っ赤になり、普段なかなか見れないほどのハイテンションで話をします。イベントに参加される方は是非観察してみて下さい!!!

そして、片付けはかなり苦手ですが、料理が好きです。実際食べたことはないので、味は分かりませんが、以前海神校で開催していた「コーヒーと手作りビスケットを食べながら先生とお話しをしましょう!」に提供していたNeil手作りのレモンビスケットは美味しかったです!

次に、Hiroさん!

Hiroさんに対する私のイメージは「いいよ、いいよ、大丈夫!」です。

言葉通りに、いつも優しく、忙しいのに手伝ってくれます。 せっかくのお休みを割いてバンド練習に参加して頂いています。

あと、Hiroさんは猫博士だと思います。聞いた話ですが、Shuheiさんのおうちの猫ちゃんの事で質問した時に、的確な返事が来たと伺いました。ほんとに猫好きですね~。

私の家には絶える事無く犬がおりますが、実は猫も好きです。母の実家は私の家同様、猫が絶える事無く住んでおります。なので、どんな猫でもどんと来いです。

また、ちぃとMochaの写真、楽しみにしております!

 

続きまして、Shuheiさん!

Shuheiさんを一言で言うと「侍」です。

以前は髪が私より長く、背も高いのでビックリ!しましたが、レッスンの度にお会いし話をするうちに、人に対してとても気を使っていて、困っていると何も言わず手伝ってくれる優しい方です。演奏している時はとても真剣な顔つきなのですが、普段は笑った笑顔がクシャクシャとなって、とても素敵です。

そして手先が器用だという事も判明致しました。Tシャツを自身でリメイクしたり、ミシンを使ったり・・・男性なのに凄い!です。

 

Minaさんは、血液型、干支、火星人が全て私と一緒です!ここまで一緒の方にお会いした事がありません。

肩を揉む時は毎回ツボに入りません。それくらい硬いです。何より私が足で揉んでも気持ち良いと言われます。私は一般女性に比べたら大きいので、そんな力で揉んでいるのに・・・・ビックリです!なので、Minaさんの誕生日には体をほぐす入浴剤をプレゼントさせて頂きました。使って頂ければ幸いです。

いつも楽しそうに笑います。見ている側がつられて笑ってしまう位、豪快です。

 

最後にMisatoさん、彼女からは色んな物を頂きました。洋服、マニキュア、バックなどなど。しかも私が分からないうちに、私の鞄の中に入っています。そんなイタズラ心がある方です。

私とMisatoさんはこの三年、家族よりも友達よりも長く時間を過ごしたので、色々話をしました。音楽の事、今まで何をしてきたか、洋服、家族や友達・・・挙げたらキリがないくらいにたくさん話をしました。私とは生き方やタイプが違うので、とても興味深く、毎日が学ぶことがいっぱいです!

 

こんなメンバーの皆さんが演奏するのは8月2日、3日です!!!!

私もまだどんな曲を演奏するのか知らないので、Partyへご参加される方々と同じ気持ちです!演奏楽しみにしています!練習大変だと思いますが、頑張ってください!!!

7月 17, 2008
私から見たEnglishVillageBandのメンバー達 はコメントを受け付けていません

私から見たEnglishVillageBandのメンバー達

8月2日土曜日19時~、8月3日日曜日18時~、錦糸町校にてイベントを開催致します。

8月2日土曜日は御予約で満杯の状況です。3日日曜日はまだ人数に余裕があります。

ご興味がある方は是非是非みんなでご参加下さい!

 

イベントまでEnglishVillageBandの練習を毎週末行なっています。

本番では皆様に楽しんで頂けるように今から気合を注入しながら練習します!!

 

私もBandに参加しセカンドキーボードを担当しているので、私から見たBandメンバーの紹介をしまーす!!

 

 

Neil:当校の学長!!そして担当はキーボード!

イベントにご参加された方はすでにご存知ですが、EnglishVillageBandはダブルキーボードです。

私は音大出身ですが、私よりNeilの方がクラシック音楽について詳しいと思います。

Bandの練習を開始した位の時は、比較的に姿勢がいいスタイルでキーボードを弾いていますが、のってくると途中から体を前後に揺らしながら弾いてます。なにげにそれを毎回私はCheckしています。

Neilは錦糸町校に来ると、必ずと言っていいほどカレースープを飲んでいます。

暑さと湿気と朝に弱いので、土曜日朝のレッスン前にNeilの状態を私達はいつもCheckするのが習慣です。

Neilはとても頑固なので頑固が表に出る時は、誰が何を言っても聞きませんが、基本的にとてもとても優しい学長です。

 

Hiro:担当はギター!Hiroの生演奏を聞いた人は必ずHiroの演奏に聞きほれる事でしょう。それはバンドの練習の時も一緒で、Hiroのギターソロの時にはメンバー全員で聞きほれています。

Hiroはとても優しくて周りの人の事を気に掛けるタイプなので、話しているときやメールで会話をしていると、人生経験豊かな言葉を頂いたりするので、私はHiroの言葉に時々「兄さん!って呼んでいいですか?」と心から思います。けっこうお笑いが好きで、練習の時にはその時はまっているだろう芸人さんの名前かネタのタイトルをふと耳に挟みます。そして何気なくメンバー全員が爆笑するような事をぽそっと言うのがたまらなく好きです。

バンドメンバーはお酒が好きですが、そんな中でHiroだけはお酒を飲んだとしても1杯位です。そんなHiroの動物占いは「コアラ」です。

 

Shuhei:担当はベース!Shuheiに会った事がある方は、彼のインパクトを忘れないでしょう。

Shuheiはとても耳がいいです。カラオケに行った時や、練習の時など、いろんな場面でそう感じる事が本当に頻繁にあります。

基本的に自由人ですが奔放な自由ではなく、けっこう周りの様子や空気を感じて気遣う優しい人です。

サッカーが上手で、バンドの合同練習の時は昼間3試合やってから、夜中バンドの練習をしているので、かなりタフ!!「これどうする~??」とか問いかけたりすると、とても面白いアイディアをくれる人です。

でも、1週間後に同じ質問するとちがった答えが返ってきます。

だから、私もわざと1週間後に同じ質問をします。自分の意見を持ったShuheiの動物占いは「ペガサス」です。

 

Mina:担当はボーカル!!Minaは料理がとても上手!バンドの練習の時に毎回夕ご飯を作ってくれるのですが、何もかもがめっちゃ美味しいです。

コーヒーが大好きで1日中飲んでいる印象があります。運転する時もかならずコーヒーを飲んでいます。

コーヒーと水、コーヒーとハーブティーなど、コーヒーと何か飲物が必ず机の上にあります。お酒だと赤ワインが好きです。

他人にも厳しく、自分にも厳しい人です。人情味あふれる人です。

起こった出来事をとても面白く人に伝える人だと思います。だから、いつも何かを話してくれる時に、話を聞く前で知らないのに聞いている人達が笑顔なのがとても見てて印象的です。

Minaはなんかいつも色々とダイナミックです。そしていつも良い匂いがします。

そんないつもハプニング大賞なMinaの動物占いはShuheiと同じ「ペガサス」です。

 

イベントにご参加の際は、全メンバーと是非話してみてください!!

参加費は2500円です。

 

7月 16, 2008
Mina Pearson
Shock! はコメントを受け付けていません

Shock!

船橋で信号待ちをしていると、小学校から帰ってくる子供達が前からやってきました。その中の子供に、English Villageに通ってくれている子がいたので、車の窓を開けて、

私” Hello~! How are you? “などなど楽しく話していると、後ろから、近所のおばさんが登場!そしてその子に

おばさん“知らない外国人の人と話さないの!”

とその子は叱られ、私、shockすぎて、唖然!

その子は、そのおばさんに“この人は私の英語の先生なの!”

と言ってくれました。

そのおばさんは私に焦って謝ってくれました!

それにしても、ちょっと、Shockでした。。。

7月 16, 2008
Mina Pearson
Spiky! はコメントを受け付けていません

Spiky!

Since yesterday, his beak’s been slightly open because of the heat and the humidity.

Actually, it’s very comical to see so I just can’t help laughing at him!!!

I say ” Spiky! Close your beak! It’s too comical!”

Spiky ” …………………………………………”

固定ページ:«1...181182183184185186187...216»

Twitter

Comments

Archive